STRUCTURE工法・構造

スカイハウス4つのポイント

1スカイハウスが高強度な理由

建築基準法の定める基礎立ち上がり幅120mmを、上回る150mmにすることにより基準強度の1.25倍の強度を確保しています。

柱や梁等主要な構造部分には狂いの少ない集成材を使用し、構造用パネルによる面補強をすることにより、従来の在来工法に比べて2.5倍の強度を確保しています。

2スカイハウスが高気密な理由

建物全体を気密シートで隙間なく包み、外気の侵入を遮断することによって結露を防止します。

セントラルヒーティングによる全室暖房、24時間換気による空気の循環これらを合わせて高気密住宅ならではの快適な住環境をご提案いたします。

3スカイハウスが高断熱な理由

高性能グラスウール24K 100mm(32K相当品)と押出法ポリスチレンフォーム(保温板)20mmの二重断熱をすることにより、住宅金融支援機構の定める省エネルギー対策等級4を確保しています。

サッシには高断熱複層Low-Eガラスを採用。室外側ガラスの内側に特殊金属膜をコーティング、室内側には高断熱Low-E(Low Emissivity 低放射)ガラスを使用し、ガラスとガラスの間にアルゴンガスを充填。一般複層ガラスに比べて約1.5倍の断熱効果を発揮します。

床下空間をコンクリート基礎で囲い、押出法ポリスチレンフォーム3種50mmを室内外の基礎両面に施工し、基礎パッキン(換気)を設けず外気と遮断することにより、足元からワンランク上の快適な住空間のご提案が可能です。

4スカイハウスが高精度な理由

工場のコンピューターシステムにより品質を管理されているプレカット材を使用することにより、均一で精度の高い部材を安定して供給することが可能です。

柱や梁などの構造部分の接合には、精度・強度の高い補強用金物を使用しています。

工務店による下請け施工ではなく、当社直営大工による信頼施工の為、高水準での品質を確保いたします。